れんげ訪問看護ステーション

採用案内

私たちと一緒に働きませんか?
看護師(または理学療法士・作業療法士)が、疾病や体調不良でお困りの方のご自宅を訪問し、より快適に過ごしていただけるよう支援するお仕事です。利用者様のかかりつけ医師と連携をはかり、定期的に利用者様のご自宅へ訪問し、必要な医療処置、リハビリテーション、その他看護ケアを行います。

募集要項

給与 ■実働給(1件60分未満: 3,600円、内勤時給 1,600円)
■有給あり、残業20時間含む
必要資格 正看護師、助産師、保健師(運転免許) 勤務時間 8:00~19:00の間の3時間~ 応相談
交通費 上限30,000円まで支給 加入保険 130h以上社会保険、90h以上雇用保険
※社会保険(健康保険・厚生年金保険・雇用保険(=労災))
選考方法 面接 ※エントリー確認後、追ってこちらよりご連絡致します

エントリー・ご相談はこちらからお問い合わせください

先輩メッセージ

私が訪問看護の仕事を選んだ理由は、利用者さんとゆっくり向き合ってケアをしたいと思ったからです。利用者さんからのありがとうの声や笑顔に私の方がパワーをいただいています。自宅での看取りでは住み慣れた自宅で最期まで家族と一緒に過ごせることのすばらしさを感じています。自宅での看取りは家族にとっても大変なことですが少しでも私たちが支えとなり自宅で看取れて良かったと満足してもらえるよう、これからも関わっていきたいと思います。

橋本

いつか在宅医療に携わりたい。そんな思いからこの世界へ。私にとって訪問看護への第一歩は、ここ、れんげ訪問看護ステーションから始まりました。最初は病院との違いに戸惑い判断することの難しさ、自分一人で訪問することの恐怖や重圧がありました。でも、それをフォローしてもらえる環境がここにあります。決して大きなステーションではないけれど、皆が助け合って無理なく働いていけること。それが利用者様の「らしさ」を支える為のパワーになっているのかなと感じます。

水野

入社3年目になります。在宅に関わる仕事は初めてではありませんが、訪問入浴、小規模多機能とまた違った喜びや悲しみを経験する事が出来、毎日がとても充実しています。「ご家族と住み慣れた自宅で、できる限り一緒に暮らしたい」をコンセプトに所長を筆頭とし、まとまりのある職場です。「看取り」を含め、利用者様の尊厳に十分配慮しながらのサポートが心を込めて出来るのがここの会社だと思います。

小笠原

訪問看護事務として、れんげ訪問看護ステーションに御縁がありお世話になりました。事務業務としては、利用者様への書類作成、請求業務、ファイリング等、事務所内で行っています。訪問に出かけるスタッフさんの皆さんを笑顔で見送りできればと思い事務という立場からサポートさせていただいています。人との繋がりを大切に思い日々頑張っています。普段は子供たちとプロ野球観戦に行くのが楽しみなお母さんです。

渕上

訪問看護での復職を選択したきっかけは、子育てとの両立でした。日々、訪問看護における自分の引き出しの少なさを痛感しながらも、病院勤務時代の経験をフルに活用でき、やりがいを感じています。病衣を着た患者様の病室ではなく、私服を着た利用者様のお宅に伺うことを通して、生きることの奥深さ、看護の奥深さを思い知らされ、人として、看護師として、成長中です。無理なく子育てとの両立もでき、助け合える、相談し合える、語り合える、そんな職場環境が、笑顔とゆとりをもたらし、その方らしさをサポートする看護の源になっているのだと感じています。

五十嵐

私は、父の介護と自宅での看取りを経験しました。その経験を通して利用者さんや介護する家族の方が、自宅で介護する上で直面する問題、悩み、不安がどれほど多いことか気付かされました。利用者さんや、ご家族の抱える悩みわ不安を少しでも和らげ問題に一緒に向き合い解決するお手伝いができればとの思いから訪問看護の世界に進むことを決めました。病院との仕事の違いに戸惑い、また1人で利用者さんのもとへ出向き判断しなければならないことへの不安はありますが相談や助けを求めやすい職場環境に支えられ、学びある充実した日々を過ごしています。利用者さんの生活に寄り添い支えていくことができるよう知識、技術を磨き成長していきたい。そしてそれが実現できるのが れんげ訪問看護ステーションだと思っています。

臼井

看護の仕事がしたいけれど、子育てと両立できるのか、ブランクがあっても働けるのか悩んでいた時、れんげ訪問看護ステーションのホームページを見て、ここで働きたいと思いました。 病院勤務の経験しかない私に訪問看護が勤まるのか不安と戸惑いをもったまま試用期間として先輩方に同行させていただくうちに在宅でなければ、共有できない看護を日々、目にすることができ、私も利用者様のニーズに合った看護を行いながら先輩方のように来るのを待ち望んでもらうるような看護師になりたいと思いました。 所長をはじめスタッフ同士の人間関係がとても良いことも質の高い看護を行えていることにつながっていると感じています。 自分が、利用者の立場でも、ここを利用したいと思えるスタッフの方々と会社に出会えたと思います。

丹羽

1日の流れ
AM 8:45
出勤・朝のミーティング
AM 9:10
午前の訪問へ出発
AM 9:30
1件目の訪問:ウロストーマ管理
AM 11:00
2件目の訪問:サービス担当者会議出席
AM 12:10
ステーションへ戻る
AM 12:20
ケースカンファレンス
お昼休憩
PM 1:15
午後の訪問へ出発
PM 1:30
3件目の訪問:点滴や在宅酸素両方の管理
PM 3:00
4件目の訪問:認知症利用者の服薬管理
PM 4:15
ステーションへ戻る
PM 4:40
所長への1日の訪問状況報告
PM 5:00
医師・ケアマネージャー等へ情報提供
PM 5:15
退社

page up

home back